So-net無料ブログ作成
前の13件 | -

FIFA女子ワールドカップドイツ2011 なでしこジャパン世界一 [つぶやき]

なんとアメリカに勝っちゃいましたねぇ(笑) ドイツ戦に勝った時も、まさか勝つとは思わなかったので、仰天したのですが、このアメリカ戦の試合は、もう最後の最後まで、身の毛のよだつような試合で。。。

前半のアメリカの日本ゴールへの猛攻をみせられて、まるで格下チーム相手の試合のような、力の差のようなものを感じつつ、 そのアメリカの勢いからなのか、日本は下手にパスをしてはつながらず、アメリカにとられの繰り返しに、ハラハラドキドキの連続で

それでも、あれよあれよという間に前半が終了で、結果としては一点も入っておらず。。。 なんと12本ものシュートを打たれていて(笑)、いつ失点してもおかしくないような様子。 バーにぶつかったりと、入るようで、入らなかったですね。。。 

それでもアメリカチームは今までなでしこジャパンに負けたことがないという前歴からすれば、アメリカ的にはどこか余裕があったのでしょうか。。。 

日本のパスサッカーも、準決勝スウェーデン時の、パスサッカーの見事な試合からすると、アメリカ戦は、逆にアメリカが日本のように、人数かけて日本のパスを寸断していたようにも感じ。。。 日本のシュートも、決定的なシュートというよりも、打たされているかのようなシュートに終始し、ホープ・ソロ選手(GK )を脅かすようなシーンが少なかったように感じ。。。 王者の貫録なのか。

特に放送中、もともと陸上の短距離の選手だったというアレックス・モーガン選手(FW )のことを聞くと、どこかその情報が頭にこびりつき、たしかに見ていると、速い、速い。。。 

後半24分、そのモーガン選手に、強烈なシュートで見事にゴールを入れられてしまい。 全速で走り込みながらゴール右隅に斜めに見事なシュートで、敵ながらもどこか打ったシュート像が印象に深く残り。

日本の川澄奈穂美選手(MF )も、負けず劣らず、速い、速い。。。 疲れなどないのか、身体もきゃしゃそうなのに、奔走していて。。。

アメリカに1点いれられた、その12分後、後半36分、その川澄選手の出した球から、ドイツ戦で、見事ゴールをいれた丸山桂里奈選手(FW )がからみつつ、、最後は宮間あや選手(MF )が見事にきめ。。。。 背は小さそうですが、なんとも頼もしいというか、ずぶとそうな選手で、ピーケーした後のポーズとか見ていると、なんか笑みがこみあげます。。。
なでしこジャパンの芯でもあり、明るいムードメーカーなのでしょうねぇ。。。

延長前半かなり両チーム疲れもみられる中、日本ゴール左側で、脚の速いモーガン選手からゴール前にあげられ、アビー・ワンバック選手(FW )にヘディングシュート。。。 まるでジャストミートするかのようなワンバックへの球出し。見事にへディングをきめられ。。。 愕然。  しかも延長終了前にきめられ、2対1、これは、かなり重い一点に感じ。。。


すると延長後半のラスト11分前ぐらいの、正直このままでは負けてしまうという時に、宮間あや選手のコーナーに見事澤穂希選手(MF )がかけこんできての神がかり的なシュートに仰天。。。 おいついた~! 奇跡がおこった、すごい~! ふたたび同点。。。[サッカー]

映像を見ていても澤穂希選手がどうやって蹴って、入っていったのか、映像の角度が後ろからのため、よくわからなかったのですが(笑)。 まさか、まさかの、同点ゴールで。 日本の神がかり的な追いつきよう(鳥肌)。。。
アメリカとしては、勝ち越して、追いつかれ、勝ち越して、最後の最後に追いつかれで、すごい試合です。

しかし、しかし、なんと延長後半、ロスタイムにはいった寸前、というところで、日本のゴールに直進するアメリカのモーガン選手を、岩清水梓選手(DF )がゴール前で、見事に倒し、なんと、レッドカード、、、 。。。 このタイミングで、レッドカード、、、 こんなんで、レッドカードなの。。。と。 せっかく同点に追いついたのに、、、 もう、絶望的となかばあきらめたのですが、 な、なんと、日本、この絶対絶命の終了間際のフリーキックをふせぐではないですか。。。! しかも、延長後半ロスタイムの時間がきて笛。。。 同点終了にもっていったなでしこジャパン。。。すごい。 この時点で、澤穂希選手は、得点王[ぴかぴか(新しい)]

案外、2対1となった後半でも、正々堂々とアメリカは、戦ってくれていたようにも感じ。。。 世界ランク1位のプライドなのか。。。 そうさせなかったなでしこジャパンが結果的に同点にしたのでしょうね。。。  

試合全体にわたって出場した鮫島彩選手(DF )や、近賀ゆかり選手(DF )や、岩清水梓選手(DF )や、熊谷紗希選手(DF )のディフェンス陣の身体を張ったがんばりで、
大野忍選手(FW )、安藤梢選手(FW )の激走に、そして岩渕真奈選手(FW )たちが、走って、けって、見事にピーケー戦に持ち込んだなでしこジャパン[サッカー]
控えの選手や、コーチ陣などのチーム一丸の結果でしょうねぇ。。。


あとは、もうどうなるかわらかないピーケー勝負。

テレビでも話題となってましたが、監督や選手も、試合開始前の時や、ピーケー前などで、皆が笑っているという光景が、なんかすごいなぁと思い。。。。  ああいうとこで、笑いあえるのって、すごいなぁ。。。
男子の試合で、または、ほかのスポーツでも、笑って試合に迎えるシーンというのが、見たことがなく。。。
しかも、ワールドカップの決勝戦です。。。 佐々木則夫監督の満面の笑みこぼれてます。 すごいなぁ。。。みんな笑ってます。

アメリカ先行のピーケー、シャノン・ボックス選手(MF )の右にけったシュートを、海堀あゆみ選手がその方向に倒れたときの右足でとめ、ガッツポーズで。。。
宮間あや選手(MF )は、コースを狙っただけのシュートを簡単にきめ、余裕な感じで、これまたキメのポーズ(笑)

次のカーリー・ロイド選手(MF )はゴール上にはずして、アメリカ2度失敗、日本イケイケムード。
2番手永里優季選手(FW )はホープ・ソロ選手にとめられるも、3番目トビン・ヒース選手(MF )のシュートを、海堀あゆみ選手とめます。。。 すごい。
3つ止めた。。。 3番手、阪口夢穂選手(MF )は、止められたかとおもったのが、ソロ選手の手を抜けて見事にゴール。

4番手アビー・ワンバック選手(FW )はさすが、簡単にきめ、4人目で初めてピーケーを一つ決めたアメリカ

そしてその後、これを決めれば、日本初めての世界一。
20歳の若い熊谷紗希選手(DF )が、見事左隅にシュートきめ、アメリカゴールをきれいにきめちゃいましたね。。。 この若さで、あれをきめちゃえれるんだから、すごい!

なでしこジャパン世界一になっちゃいました。。。。 2度追いついて、勝っちゃった。。。。
世界1位のアメリカを見事に撃破したなでしこジャパン。 今まで一度も勝てなかったチームに、しかもワールドカップで、勝っちゃうのが、すごい。。。

最後のピーケーも海堀あゆみ選手、神がかり的で、見事でしたね。。。

試合後のセレモニーも感動的で、みなでトロフィーをあげた中、バックで金の紙ふぶきが下から勢いよく舞い上がった時の選手たちが喜び合っている姿が忘れられません。。。FIFAの写真
大画面のプラズマテレビで、NHKのBSデジタルな放送で、試合からセレモニーまで、あますとこなく、ずっとみれていたので幸せでした。。。
ほんとうになでしこジャパンの各選手、各スタッフの方々の嬉しそうな笑顔が、みているこちら側にも喜びが伝わってきます。 セレモニーなどみていると、みんなひょうきんそうな、明るいチームみたいですね。。。

それにしても、終わった後、帰国しての、マスコミ出演大変そうで[たらーっ(汗)]  
帰国時会見時の雄姿がこちら。 かっこいい♪

(7/17の試合詳細)
 ● nikkansports.comさんの試合結果詳細ページはこちら
 ● sanspo.comさんの試合結果詳細ページはこちら♪ 試合記事はこちら
 ● asahi.comさんの試合記事はこちら

ちなみに、次の大会をどこでやるのかわからなかったのでウィッキで調べたら、次はカナダ大会だそうですよ。 ぜひ日本でも、大会してほしいもので。。。
FIFA女子ワールドカップのウイッキはこちら
日本サッカー協会のなでしこジャパンのページはこちら

7月に入って梅雨明けして、青空に日差しが強烈にそそぎ暑い日の続く東京の朝方に、なでしこジャパン劇的な試合と勝利に、衝撃と、感動させてもらいました。。。

NHKのなでしこジャパン 「アルゴリズム体操」に挑戦 というのを見ると、なんか優勝したのがわかった気がします。。。(笑) このノリでぜひ、ロンドン五輪いっちゃってほしいもので。

次は、9月のロンドン五輪予選、 上位2チームが本戦にでれるそうで、楽しみです。


なでしこジャパン2011W杯速報号2011年08月号 [雑誌]

なでしこジャパン2011W杯速報号2011年08月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2011/07/21
  • メディア: 雑誌




FIFAWomen'SWorldcupGermany20112011年09月号 [雑誌]

FIFAWomen'SWorldcupGermany20112011年09月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本スポ-ツ企画出版
  • 発売日: 2011/07/21
  • メディア: 雑誌




なでしこ TOP OF THE WORLD

なでしこ TOP OF THE WORLD

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2011/07/26
  • メディア: 雑誌








なでしこジャパン!

なでしこジャパン!

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: オークラ出版
  • 発売日: 2011/07/27
  • メディア: 雑誌



2011-07-23 03:10  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パソコンが壊れたら。。。 [つぶやき]

毎日猛暑つづきの7月の東京で、節電もあり、かなり朦朧とする日々が続きます。。。 今年は梅雨といっても、雨がそんなに降った記憶がないのですが、、、庭の紫陽花も去年はたくさんさかせたのに、今年は二輪のみ。。。 この夏はかなりな猛暑なのかなぁ。。。


先月、マイ・パソコンが壊れるはめに。。。[あせあせ(飛び散る汗)]

なんとかしてデーターだけは、コピー保存することができ、助かりました。


パソコンが急になくなると、さみしいもので。。。


ようやく直って、もどってきまして。  快適に普通に使えることのありがたみを感じます。

長期保証入っていなかったので、かなりな高額な修理費用。。。 あきらめの巻。

それよりも、なによりも、パソコン内のさまざまなデータのバックアップしておくことの大事さを、改めて痛感。


みなさんも、お気を付けを。。。[晴れ]


2011-07-09 00:56  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

NHK 土曜ドラマ 『 君たちに明日はない 』 & 久保田利伸♪ [テレビ]

昨年、面白うそうだなぁと見てはまってしまったドラマがありまして。 それがNHKの土曜ドラマ 『 君たちに明日はない 』という、現存しないリストラ請負会社を舞台にしたドラマで、喜怒哀楽おりまぜたドラマとなっていて、

そんな中、俳優の坂口憲二さんと、田中美佐子さんとのかけあいに引き込まれ、はまってしまい。。。 テレビドラマを見ていて吹き出して笑い転げたのは、初めてかもしれません。。。 ほとんどそれまで日本のテレビドラマ系に興味がもてなかったのですが、これを見てから、土曜ドラマなど特にNHKのドラマものにはまってしまいました。。。
 
『君たちに明日はない』 の出演陣には、リストラ請負会社社長役の堺正章さんの存在感がぴったしで、恋人役の麻生祐未さんの配役や、リストラに追い込まれてしまった役を熱演されていた村田雄浩さん、須藤理彩さんと越村友一さんの愉快なコンビや、めちゃめちゃいい奴な同級生役の北村有起哉さん、さらりと演じきっていた派遣社員役の吉田桂子さん、おもちゃメーカーの開発者役の山崎樹範さん、知らない間に俳優として磨きをかけられていた遠藤久美子さん、ベテランの前田吟さん、加賀まりこさんなどなどなど他にも、そうそうたる顔ぶれで、どの方も必要不可欠な当たり役だなぁと感じ。。。 

リストラ請負会社という設定というのが、今の時代をよく描いていて、また二人の仲もどうなるのだろうという展開で。。。 おもちゃ会社のリストラ要員を熱演されていた山崎樹範さんなど、どこかで見たことがある方だなぁと、ぼんやり思っていたら、タモリ倶楽部にたまに出演されてる方だったんだと、一致し。 まさか俳優の方とは知らず(笑)。。。  ちなみに 『君たちに明日はない』 のウィッキはこちら♪ 

そんなドラマに、久保田利伸さんがなんと久保田利伸役で出演されて、ライブされていて、ビックリしたのを覚えていて。。。 

Tomorrow Waltz(初回生産限定盤)(DVD付)

Tomorrow Waltz(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SE
  • 発売日: 2010/01/27
  • メディア: CD


このドラマの主題歌に使われていた曲 『Tomorrow Waltz 』 が使われて、心にしっとり響くいい曲だなぁというのを思いだし、 この曲の入っている久保田利伸さんのアルバム『 Timeless Fly 』 を借りてみたのですが、これが目からウロコで、こんなにいいアルバムだったんだと、はまってしまい。。。

Timeless Fly(初回生産限定盤)(DVD付)

Timeless Fly(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SE
  • 発売日: 2010/02/24
  • メディア: CD


一時期からか、久保田利伸さんのアルバムに、どこかクセみたいなものを感じて、かなり遠ざかっていたので、最近の作品がこんなに聞きやすいアルバムだったので驚き[音楽]
MISIAと歌う「Flying Easy, Loving Crazy」や、「Is it over?」ではJUJUとのハーモニーが聞け、もちろん「Tomorrow Waltz 」も聞け、歌詞を英語で歌ったら、まるで向こうの人が歌ってるようなソウルでファンキーでご機嫌な「STAR LIGHT」などなど。。。贅沢な作品だなぁと感じ。 「Tomorrow Waltz 」いいなぁ♪
いろいろ聞いてみるものですね。。。[ひらめき]


2011-05-27 18:18  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

3.11 東日本大震災 [つぶやき]

ひさびさに、ブログなう。

震災からだいぶたち、 最近は余震の数も激減してきた東京。。。

震災後は、一日何回も大中小の余震が毎日のようにあり、船酔いでもしたかのような日が続き。

テレビ画面に突如として現れる、緊急地震速報のテロップやピッピッという音も最近は聞かなくなってきました。

当日の地震は、家の中にいたのですが、天地が揺さぶられ続け、どうすることもできないことを実体感

その体験というか、衝撃というのは、かなり尾を引き。。。   その後のニュース映像の数々も


震災直後から一か月間は、非常事態状況とおもって、いつ巨大余震があるかもと、常に気をはっていたのですが、最近ようやく落ち着いてきたようで。

震災後、なくなったトイレットペーパーや水や、牛乳なども、最近は普通に目につき、流通するようになってます。

このまま終息して平穏な状況になっていってほしいのですが、原発関連はどうなるのでしょうかね。。。[雨]


2011-05-27 18:04  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さようなら、スペースシャトル 「 ディスカバリー号 」 「エンデバー号」 「アトランティス号」 2011年ラストイヤー [動 画]

RBB Today の、『 ディスカバリー最後の帰還!39回目で引退へ (2011年3月10日(木) 02時59分 )』という記事を目にし。。。
『 スペースシャトル「ディスカバリー」は10日(米国東部時間11時57分)、無事ケネディー宇宙センターに帰還した。 今回のミッション(STS-133)は39回目でディスカバリー最後の飛行となった。 飛行時間は累計で365日、地球を5,830回まわった形となる。 』とのこと(RBB Today さんの記事)

当たり前のように行き来していたのに、いつのまにか引退しちゃうものなのですね。。。
心残りは、生で、スペースシャトルが打ちあがるところを体感できなかったことでしょうか。。。
かなりな衝撃的体験のようですが。 乗り物として、どことなく初代新幹線を思わせるような表情みたいなものが、このスペースシャトルにも感じられ、スペースシャトルといえばあの顔みたいに、どこか愛着があったので、残念に感じ。。。  
(追記) と、スペースシャトルの飛行自体がすべてこれで、ラストなのかと勝手に勘違いしてたのですが、、、YOMIURI ONLINEの記事で知ったのですが、「 ディスカバリー号 」 のフライトが今回最後で、4月19日の「 エンデバー」、6月28日の「 アトランティス 」と打ち上げ予定があるそうで(笑)、あと二機がそれぞれラスト飛行なのだそうで[あせあせ(飛び散る汗)]
また、asahi.com の記事には、もしかしたら6月は予算状況によっては断念するかもとあり。。。 
残すとこ、あと一回か、二回。 う~ん、行ってみてみたいなぁ。。。

スペースシャトルで、ふと思い出したのが、小さいころは、宇宙に行きたいなぁと夢に描いたこともあったのですが、、、ジェットコースターなるものに生まれて初めて乗ったとき、あまりのしんどさにあきらめたことがあります。。。[遊園地][あせあせ(飛び散る汗)] ジェットコースターは生涯乗りません(笑)。 案外スペースシャトルはそれほどでもないのかな。。。 それ以上なのかなぁ。

● YouTubeにあがっている「 ディスカバリー号 」最後の打ち上げ時の動画はこちら
● 有終の美を飾るディスカバリーの着陸動画は、こちら。。。
● クルーたちの地上におりたったときの模様はこちら♪


(追記 2011/5/27) 残る二機の一機、スペースシャトルの「エンデバー号」が、5月16日に最後の仕事に向かいましたね。。。 ● 打ち上げの様子はこちら(短め)♪  もひとつ(長め)
エンデバー号 」の着陸の模様と、クルーたちの地上におりたったときの模様はこちら♪

最後の一機となる、スペースシャトル「アトランティス号」は、7月8日に発射予定とのこと。。。 いよいよ30年の歴史が幕を閉じようとしています。。。 [ともにasahi.comさんの記事を参照]


(追記 2011/7/9) アメリカ東部時間、8日の米東部時間、午前11時29分 ( 日本時間9日午前0時29分 ) 、スペースシャトルの最終飛行となる 「アトランティス号 」の打ち上げに成功しましたね。。。 予定軌道への投入にも成功したとのこと。。。 ここ数日、天候があまりよくなくもしかしたら、延期されるかもと報道されてましたが、無事に予定通りのラストフライト。 無事に帰還することを祈ります。  [詳細は、毎日新聞さんの記事参照]
ちなみに【写真特集】スペースシャトル30年の歴史、もされています。。。[ひらめき]
現地では75万人もの人が見物に集まったのだとか。。。 [asahi. comさんの記事参照]
加えて、飛び立つ前のはなしで、前日あたりのことなのでしょうか、スペースシャトル・アトランティスの発射台近くに、2回の落雷があったのだそうで。。。 [CNNさんより]

打ち上げ時の動画を追加(追記 2011/7/12)
 ナレーション入りのABCニュースさんの動画はこちら♪ ナレーション無しのasahi.comさんの動画はこちら

それと7月12日に、NHKのBS プレミアムの番組 『 コズミック・フロント 』 にて、
「人類の夢を紡いだ宇宙船 ~スペースシャトル30年の軌跡~」が放送されます。 詳しくはこちら
 ●本放送 2011年7月12日(火)午後9時00分~
 ●再放送 2011年7月16日(土)午前0時00分~、7月18日(月)午前8時30分~

また、7/18 - 7/22 NHKBSプレミアムの番組、BSアーカイブにて、宇宙を題材にした過去の番組が特集で放映されます♪[TV] 

(追記 2011/7/21) いよいよ宇宙ステーションより分離され、本日21日の日本時間だと夜に、アトランティス号帰還とのこと。。。 [asahi. comさんの記事参照]
まだまだ飛べそうですが。。。[モータースポーツ]

(追記 2011/7/22 - 1) 米東部時間21日午前5時57分(日本時間同日午後6時57分、無事に、アトランティス号着陸で。。。[サッカー]
最後は、暗い中、着陸なのですね。。。 どうせなら、明るい昼間にでも、帰還すればと思うのですが。 なにか最後のフライトが、より一層寂しく感じます。。。 現役引退、お疲れさまで。。。 シャトルからしたら、やりきった感があるでしょうね。。。 [asahi. comさんの記事参照]

(追記 2011/7/22 - 2) スペースシャトル最後の着陸の模様の動画を追加[ひらめき]
短めな動画(約2分) 中間な動画(約9分) ロングな動画(約30分)[カチンコ]

アトランティス号が到着したときの写真をNASAさんのページより。 最後のクルーたちはこちらの方々。 到着は朝方だから暗かったのですね。。。 到着した最後のスペースシャトル、アトランティス号のクルーたちのその後地上におりたった模様と、スペースシャトルをバックにした、クルーの国内外にメッセージする動画はこちら♪(英語ですが)[カラオケ] みなさん笑顔です[目] 仕事を終えた感のある、最後のスペースシャトルの姿もかっこいいです。。。



(追記 2011/11/15 ) NHKのBS1 『 BS世界のドキュメンタリー 』にて、シリーズ 宇宙への冒険者たちと題して、『スペースシャトル その成功と挫折~世界を変えた宇宙開発~ 前編・後編』などの放映が今週あります♪





スペースシャトルのGoogleな写真はこちら
▼ スペースシャトルのミッション一覧のウィッキはこちら。 このお二人から始まったんですね。
スペースシャトルのトリビアは、ウィッキへ。
NASAのホームページはこちら(英語です)
NASAのホームページにあるスペースシャトル、ディスカバリー号の最後の着陸写真
NASAのホームページにあるHD動画のページはこちら
▼ RBB Today にある、最後の仕事の打ち上げと、フライト内容の記事
▼ NATIONAL GEOGRAPHIC Newsにあるディスカバリーの最後のランデブー写真記事
▼ NATIONAL GEOGRAPHIC にあるスペースシャトルの歴史と題した動画(日本語解説)
▼ JAXA 宇宙航空研究開発機構にもスペースシャトルのページが。こちら。 
▼ 日本人の宇宙飛行に関してはこちら
▼ 日本の宇宙開発に関してはこちら


その他、スペースシャトル動画Youtubeよりピックアップ。
  ● STS-129 HD Launch 打ち上げ時の動画 こちら
  ● Space Shuttle Discovery Launch STS-120 23 October 2007 HD こちら
  ● Space Shuttle Discovery Night Launch STS-116 9 December 2006 HD
   夜の打ち上げ動画 こちら
  ● Space Shuttle Launch HD 1080p もうひとつ。夜の打ち上げ動画 こちら
  ● Space Shuttle Atlantis Last Launch HD アトランティス号のラスト飛行動画
  ● STS-129 HD Landing スペースシャトルの着陸動画  こちら
  ● Space Shuttle Launch: Viewed From an Airplane  これは、すごい確率。 
   偶然だったのでしょうか。 飛行機の中からのスペースシャトルが離陸する映像
  ● 観客からみたスペースシャトルの打ち上げの模様
  ● 2009年フロリダのディズニー・ワールドで撮られた方の映像で、若田光一さん搭乗の
   スペースシャトルの打ち上げの模様 
  ● Nasa shuttle launch Atlantis high definition 1280x720 スペースシャトルの
   雄姿をどなたかがまとめたもの、音楽つき[音楽]、かっこいい[カチンコ] こちら

次の動画は、開発時や、おそらく移動の際の姿なのでしょうね。。。 よく考えるもので(笑) 操縦士も大変だろうに。  ジャンボ機も重かったろうなぁ。。。。
 ● Atlantis and SCA depart Omaha ボーイング747なのかな。 その上に
   アトランティス号をのせて、離陸する動画。 こちら
 ● STS-117 Space Shuttle Atlantis On Top Of A 747 Land At KSC  
   そのていの着陸するの動画。。。  こちら
 ● STS-117 Atlantis & 747 Taxi Off Runway After Landing At KSC  
   そして着陸した直後の様子。 こちら

視点をかえて、宇宙ステーションからみる地球の映像。 こちら

そして、忘れられないのが、1986年1月28日に起きたチャレンジャー号爆発事故の模様 
ウィッキはこちら。 ● Challenger Disaster Live on CNN こちら
この事故で亡くなられたチャレンジャー号七名の飛行士たち

そして、もうひとつが、2003年2月1日 大気圏に再突入する際、テキサス州上空で空中分解し、7名の宇宙飛行士が犠牲になったコロンビア号空中分解事故に関したウィッキはこちら。 
空中分解したコロンビア号の様子 Space shuttle Columbia Explosion  こちら
この事故で亡くなられたコロンビア号七名の飛行士たち

数々の失敗、実験、成功や、事故、改善と、いままでの積み重ねてきたものが、官から民へと、ひきつがれていく、そんな時代を迎えたのですね。。。 果たして生きている間に、まるで飛行機にのるかのように簡単で、ジェットコースーのような負担がなく(笑)、、、宇宙にいけて、外から地球をながめる、そんな観光を目的とした、新たなスペースシャトル時代がくるのでしょうか。。。[晴れ]




ディスカバリーチャンネル コロンビア号 最後の16日間 [DVD]

ディスカバリーチャンネル コロンビア号 最後の16日間 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: DVD



大人の超合金 スペースシャトル エンデバー号 (初回特典付き)

大人の超合金 スペースシャトル エンデバー号 (初回特典付き)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー




レゴ クリエイター シャトルエクスペディション 10231

レゴ クリエイター シャトルエクスペディション 10231

  • 出版社/メーカー: レゴ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



2011-03-10 07:18  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

BRIAN CULBERTSONのニューアルバム『XII 』♪  [音 楽]

もう一枚ゲットしたのが、ブライアン・カルバートソン/BRIAN CULBERTSONさん のニューアルバム 『XII 』[音楽]

XII

XII

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Grp Records
  • 発売日: 2010/07/20
  • メディア: CD


2曲目、3曲目の、10曲目のファンキーで、スムージーな曲がお気に入り♪ 体中の細胞が躍りだす感覚が。。。 全体的には、しっとりとした曲などもあり、いつもの感じの粋なアルバムでした[晴れ]
YouTubeにあるブライアン・カルバートソン/BRIAN CULBERTSONさんのオフィシャルサイトに、アルバムの中の『 Skies Wide Open』という曲のMUSIC VIDEOがあがっていました。。。 たまにのぞくものですね。。。iPadでは見れないようです。。。 ちなみに、アルバム 『 live from the inside 』 の『 Go 』という曲のMUSICVIDEOもあります。。。[ひらめき]

(追記2011/5/27) もう一曲「it's time」もあがっています。 のりのいい曲で好きなのですが、こういうイメージを演奏で表現していたんだなぁと知り。。。(笑) 
なんか彼の茶目っ気が感じられるMUSICVIDEOで気分が気楽になります。。。[音楽]

ブライアン・カルバートソン/BRIAN CULBERTSONさんの
 ▼ オフィシャルサイトは、こちら
 ▼ YouTubeにあるオフィシャルサイトは、こちら
 ▼ フェースブックは、こちら


2011-03-10 02:54  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

エリーシャ・ラバーンの久々のニューアルバム♪ [音 楽]

なんと、エリーシャ・ラバーンのニューアルバム 『 361 ディグリーズ 』が、いつの間にか出ているではないですか。。。
アルバムゲット♪ 約10年振りとなるそうで。。。

361 ディグリーズ

361 ディグリーズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Star Base Music/Pヴァイン・レコード
  • 発売日: 2011/03/02
  • メディア: CD


一曲目の『Postcards 』から、このアルバムに引き込まれてしまい。。。 なんだろう、聞いた瞬間、空気がかわるような。。。 そんなエリーシャの世界が広がります。 また音作りもかなりこっていそうで、聞いていると、耳の奥で、鳴り響く音の心地よさを感じ、彼女のヴォイスも健在で、納得のいくアルバムです。 R&Bお好きな方、ぜひ聞かれてみてはいかがでしょう。。。[るんるん]

▼ Youtubeにあるニューアルバムの動画CMは、こちら
▼ Youtubeに一曲目の『 Postcards (Official Music Video) 』があがってます! 
  撮影場所は背景からするとロンドンでしょうかねぇ。。 こちら
▼ Youtubeでニューアルバムの曲のさわりがきけます♪ こちら
▼ アメブロのYUJIRO"JR"HIDAKA (STAR BASE) さんのブログに情報があり。こちら
▼ 今回のアルバムのレコード会社、Pヴァイン・レコードのページはこちら
▼ iTunesのページはこちら


2011-03-05 01:08  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

漫画家生活55周年のちばてつやさん [コミック]

最近、新宿にある、書店のジュンク堂でみつけたのが、ちばてつやさんに関した本で。

漫画家生活55周年ということを記念して出されたようで、、ちばさんのお話を中心に、ご家族の方、藤子不二雄Aさん、さいとう・たかをさん、あだち充さん、大友克洋さん、高橋留美子さんなど、そうそうたる漫画家の方たちも、その中で、ちばさんとの思いで話しをされていて、買ってしまいました。。。

文藝別冊 ちばてつや 漫画家生活55周年記念号

文藝別冊 ちばてつや 漫画家生活55周年記念号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2011/02/07
  • メディア: ムック



ちばてつやさんというと、子供のころに一番に夢中になっていたのが、『 おれは鉄兵 』 で、実家に最後の方の巻はなぜかなかったのですが(笑)、単行本がずらっとあって、何回も、読んだもので。 

でてくるキャラクターも、個性つぶぞろいで、ちばさんの中でも、名作ではないかと勝手に思っています。 また今読み返し始めたのですが、、、もう初めからむちゃくちゃな世界です。 警察署をハッパで破壊したり、自分のおばあちゃんがナギナタもって、自分の孫をこらしめようとしたり、、、大爆笑中であります。。。

そのあと、だいぶたってから、はまったのが『 のたり松太郎 』で。 『 のたり松太郎 』を通して相撲に興味がもてたもので。。。 

ちばてつやさんのキャラって、特に主人公の顔がだんだんと形がかわって、まんまるくなっていく印象なのですが、前に気づいたのが、松太郎の顔の眉と目以外を隠すと、鉄兵の顔そっくりだったことに気づき。。。(笑) 案外、鉄兵のキャラを発展させたのかなぁと、勝手に思ったものですが。 

最近は、残念なことに書店にいっても、ちばてつやさんの漫画は、『 あしたのジョー 』 以外のシリーズとなると、ほとんど販売されておらず、新刊では買うことができません。  
数年前に、中野にあるまんだらけや、Yahooオークションなどで、ちばつてや全集や単行本の

  ● おれは鉄兵  
  ● のたり松太郎  
  ● あした天気になあれ  
  ● 練馬のイタチ  
  ● 男たち  
  ● 少年よラケットを抱け

  などなど、どうにか集めることができました。(ちばてつやさんのホームページ資料室参照) 

パソコンやiPadなどで読む電子書籍だとebook Japanにて、ちばさんの漫画が全部購入可能なのですが、、、昔なじんだ感覚が残っているからなのでしょうか、 紙の漫画の方がしっくりとくるようです。
昨今は、漫画家の方も、出版業界も、大変なんだそうで、なかなか本として出版することは、望めないのでしょうかねぇ。。。

ご病気を患って以降、連作はおやめになってしまわれたようで、残念で仕方ありません。。。 この書籍で知りました。。。 もう、『 のたり松太郎 』は、書かれないのなかぁ。。。

● ちばてつやさんのホームページは、こちら
● ちばてつやさんのブログは、こちら


2011-02-17 00:10  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

兼高かおるさんご出演の番組鑑賞&本を読んで [本]

昨年末、兼高かおるさんを久しぶりにテレビで拝見。
とても80とは感じさせない雰囲気でいらして、いまでも、国内外をご旅行されているとか。。。
兼高かおるさんのチャーミングで、ウイットに富んだトークを聞くことができました。

3つの番組をちょうど録画でき、番組を見ることができました。 

ひとつは、日曜の朝放送しているフジテレビの、『 ボクらの時代 』 に、2010年12月19日の回に、ご出演されてました。 とても、なんというか、普段の兼高かおるさんのようなお話ぶりが聞けて、とても楽しかったです。 水谷豊さん、草笛光子さん、そして兼高かおるさんという、ちょっと変わった組み合わせが絶妙でした。 兼高さんと水谷さんは初めてで、草笛さんつながりの会で、何か、気心が通じ合っている方が組み合わされると、見ていて引き込まれていくようです。 (収録日時に関して、ウィッキにちょっとした背景が...)  今回見れた兼高さん出演の中では一番お気に入り。。。[晴れ]
 
もうひとつ、NHKの 『 スタジオパーク 』 という番組で2010年12月16日(木)にゲストとして兼高かおるさんが出られていたのですが、番組の進行なのか、司会のアナウンサーが緊張していたのか、何かかみ合わないような印象の中、淡々と進み、あっという間に終わってしまい。 翌日の12月20日(月) 午後8:00 放送の「地球イチバン」 にご出演されるというともあって、番宣も兼ねたご出演。。。 
 
途中、番組は、まったく関係のない話の、ニュースか何かの解説に切り替えられて、さらに時間を削られて。そんな話なんかよりも、もっと兼高かおるさんのお話をじっくりと聞きたい側からしたら、かなりがっかりさせられまして。 ご高齢でもあり、体調もおありでしょうに、せっかくご出演されたのに、なんて扱いなんだろうという印象。[雨] 

そして、もうひとつが、そんな兼高かおるさんがゲストとして出演されたNHKの 『 地球イチバン 』 。 
南米ボリビアの地球でイチバン標高の高い街というエルアルトを俳優の大高洋夫さんが訪れたものを、ナインティナインの矢部浩之さんが司会をつとめ、ゲストとして美輪明宏さんとともに、途中から兼高かおるさんもご出演。

その際、エルアルトを兼高さんが昔50年前訪れた際の貴重な白黒の映像ショットと、今現在のエルアルトの光景を、ほぼ同じところから撮影された風景を、2分割で比較した画面を紹介、いかに町が発展してきたのかというのが、明確に見れてとても印象深く残りました。。。兼高さんの当時のお話などもきけ、昔の光景と今の光景を比較して見るような番組を見たことなかったので、とても新鮮でした。  

エルアルトは、富士山の山頂よりもはるかに高い4,150メートルの高地で、酸素濃度が東京の3分の2しかなく、呼吸が大変なのだそうで、大高洋夫さんがさかんに頭痛で大変だったと解説されてました。高山病になると大変だとか。 昼と夜の寒暖差も激しく、そんな中でも町ができあがっているのですから、不思議なもので。 番組の中身的には、大高洋夫さんがそこのさるご家庭との交流を描いていて、ほのぼのとして心和まされたました。 生活が素朴で、何か懐かしいようないいようのない空気と、光景がひろがってました。[晴れ]

因みに、この番組は、企画をあたためて、いくいくはレギュラーをめざすたまご番組のひとつだそうで。
個人的には、司会メインはこの際、美輪明宏さんで、傍らにNHKのアナウンサーと、アドバイザーとして兼高かおるさんがおられ、旅人のだれそれが出るぐらいの番組を見ていたいなぁ。 人数的にも落ち着いて見れそうで。 最近はたくさん人を出せばいいというような傾向がテレビ界では、流行なのかな。。。 また見ていると番組中ずっとロゴを片隅に表示されていて、どういう神経なのか。。。 ロゴの配色のセンスも?。。。 とグチばかり(笑) いずれレギュラー化するのかな。。。

 
そんなこんなではありましたが、それでも、最近は兼高かおるさんを、とんとテレビでみることがなかったので、とてもうれしかったなぁ。。。

兼高かおるさんというと、昔は、日曜日といえば、朝、『 兼高かおる世界の旅 』 を見ていたことを思い出し。。[TV] 番組中の、芥川隆行さんとのお話がとても心地よく、絶妙なコンビネーションだったのではないでしょうか。。。[るんるん]

日本でも、あれほどたくさんの国を、当初の頃は、プロペラ機で海外に行かれて、しかも外貨があまり持ち出せなかった時代から、あちこちめぐられてこられた、特異な経験を積まれた数少ない方なのだから、 もっとゴールデンタイムとか、いい時間帯で、スペシャル番組として、数々のお話をじっくり聞けたらなぁ。 BS放送とか、NHKのHi-visionのハイビジョン特集とか、大人に見せるような番組をぜひ放送されませんかねぇ。。。 仮に、地上波だと、関係のないどうでもいいお笑い芸人やアイドルなど出演させてしまいそうで(笑)

そんな番組上で、兼高かおるさんが、『わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!』 という本を出されたことを聞き、買って、読みやすいので、一気に読んでしまいました。

その当時の海外旅行の話や、取材先でのお話、番組の裏話や、昨今のお話などを知ることができました。 お歳をめした今現在のお話などとてもためになりました。 ぜひ、お勧めです。。。[ひらめき]

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!

  • 作者: 兼高 かおる
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/09/01
  • メディア: 単行本

● 兼高かおるさんのウィッキはこちら
● 現在、CSのTBSチャンネルにて、兼高かおる世界の旅が、最放送されてます♪


2011-02-16 02:35  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ホワイト・バレンタイン・デー [映 画]

昨日というか、もう一昨日ですね、東京は、なんと雪のふるホワイト・バレンタイン・デー[雪][黒ハート]

まるで映画のような舞台設定で、ちょっとロマンチックに感じた夜の光景。。。

東京は、毎年それほど雪が降らず、降っても、大き目なボタ雪ぐらいで、すぐに雨に変わってしまい、なかなか降り積もらないイメージが残っていたのですが。 昨日は、かなり降りが強く、積もっていく感覚。 めったに降らない地域にすんでいると、雪のふる情景が、なんとも新鮮でした。

夜歩いていると、風もそんなに強くはなく、傘をとって、ふってくる情景をながめていると、雪がまっすぐにこちらにむかってきます[あせあせ(飛び散る汗)] そして顔にあたると冷たくって。。。 まるで、最近普及し始めた3ーD テレビを、生で体験しているかのような視覚的体験。。。 雪ほど、目に見えて、目の前までせまって、しかもぶつかっても安心なものって、ないかもしれません。

夜の電柱のあかりに照らされる、ふってくる雪の光景もどこか、気持ちのいいもので。

ふと、下をみると上からふってくる雪のかげが、ふりつもった白い雪に映りこんでいて、まるで、スタジオの中にいて、照明係りの人が真上から、ライティングの演出でもしているかのような、たくさんの粒上のものの影がさーっと一斉に走っていくかのような演出が、電柱の外灯に向かって、円状にできていて。。。 視点を変えることができると、見えるものが違ってくるもので。。。

雪をふむ音も、ひさしぶりいい感じ。

積雪2㎝とかニュースではいっていたのでが、10センチは降り積もっていたような。。。

雪がふっている光景で、こんなにいいなぁと感じのは、初めてかもしれません。 もうちょっとふればいいのになぁ。。。



雪というと、どんな映画が浮かぶかと思ったですが、反射的にイメージできたのが、
スタンリー・キューブリック監督の 『 シャイニング 』で。。。

シャイニング [Blu-ray]

シャイニング [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



かなり印象的に残っています。 そんな中でも、特にラストの雪の降り積もった庭園にある迷路でのシーン。 逃げるダニー少年と、「ダ~ニ~」と叫びながらせまってくるジャック・トランスを、強烈な個性で怪演したジャック・ニコルソンさんの姿は、演技とは思えない迫真のシーン(笑) 

ちなみに、メイキングをちょっと見たのですが、あの映画は、冬の雪の降り積もった光景のシーン全篇は、青味がかったシーンがとても印象的なのですが、 実際には、撮影時、ライトの性質上だったか忘れましたが、黄色味がかったライトで照らしだされた中、撮影が行われたのだそうで。  それを映画の印象を高めるため、後で色彩を加工して、あの独特な青味がかった色になったのだとか。。。たしかに、そのほうが寒さが感じられて、どこか不気味ささえも、感じられます。。。 もともとカメラマンだったキューブリック監督のセンスや、こだわりなど垣間見ることができました。

怖い映画ついでに、浮かんだのが、南極を舞台にしたホラー映画、ジョン・カーペンター監督の 『 遊星からの物体X

遊星からの物体X 【ブルーレイ&DVDセット 2500円】 [Blu-ray]

遊星からの物体X 【ブルーレイ&DVDセット 2500円】 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray


こちらは雪というよりも、氷なのでしょうか(笑) 昔、映画館で上映された当時、映画館でみちゃったなぁ。。。こわかったなぁ。。

あと、もう一作、去年WOWOWで何度か、放送されていた映画で、雪の降り積もる山間を舞台にしたホラー映画で、 俳優のジョージ・クルーニーや、監督のスティーヴン・ソダーバーグが制作も連ねていたというので見てみた、『 デス・ロード 染血 』 。 どこかシャイニングっぽい雪の光景の中、ついこの後どうなるのだろうとみてしまい。  映画情報サイトのIMDb(英語)で予告編が見れます。

雪の印象のある映画って、恐怖とか、心霊とか、演出しやすいのかなぁ。。 クリスマスものを除くと、雪を舞台にした映画ってなかなかうかばないようで(笑)

明るい映画ってあったかなぁ。 ブルース・ウィリス主演の 『 ダイ・ハード2 』 が雪ふってたげと、一応クリスマス舞台の映画だったなぁ。。。

ダイ・ハード2 [Blu-ray]

ダイ・ハード2 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



そんな雪で、もりあがったあくる15日の午後には、近所の道には、ほとんど雪がなく。。。 あれだけ降り積もってたのに、もうないのとがっかり。。。 どうせなら、たまに東京も、3日間ぐらい降ってみてほしいなぁ。。。[雪]

雪が降るのは、春の訪れだとか。 そろそろ春が近くなってきたようで[晴れ]


2011-02-16 01:23  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2011年 お正月の東京スカイツリー見物 [写 真]

2011年も、もう17日。 今年の一月は、まるで冷蔵庫の中のように冷え込んでいる東京で、今日なども氷つきそうでした。。。[雪] 

今年は、卯年。すこしはぴょんぴょんと元気な日本になるのでしょうか。


さてさて、話は変わり、このお正月。 みなさんはどちらで迎えられたでしょう。

東京は、なんて気持ちのいい青空なんだろうというような空が青々と全面に広がり、どこか穏やかさを感じるような、ぽかぽかした陽気なお正月で。。。 ここまで暖かく感じた東京のお正月は、昨今珍しいかなぁと感じ。

そんなお正月、1/1に、タイトルにもあるように、念願だった、東京スカイツリーを見物に行って参りました。。。

といっても、どのように見物するか、本なども多々出ていて、いろいろと見物スポットなども多々あるようなのですが、あまり東京でも、東の方は出向いたことが少ないこともあり、わざわざ本まで買うのもなんだかなぁで、

Googleマップで、東京スカイツリー近辺を調べてみると上野から歩いていけそうなのを見て、お正月ならではののんびりとした東京の雰囲気の中、上野駅から、散歩がてら、浅草に向かい、東京スカイツリーを目指して、とことこ散策するルートでいってみました。
矢印左をクリックしてくと上野が見えてきます♪


大きな地図で見る

お昼前ぐらいの時刻、ぽかぽかと本当に気持ちよく、どこか空気も新鮮な感じで。[晴れ] 
 
上野駅から浅草方面には、浅草通りがわかりやすかったので、まっすぐ歩いていき。
歩いているととっても気持ちがよく。

ただ歩くとけっこう距離あるかもしれません。。(行きはよかったのですが、帰りは特に実感し) 途中、問屋街で有名な合羽橋もあり、そこを過ぎて田原町の交差点に。

そこで、左に曲がり、雷門あたりをめざしながら、道を進み、ふと、細い路地の右を見ると、町なみの向こうに東京スカイツリーの姿が。
2011.1.1 TOKYOST 01.JPG

と、楽しみふくらみながらそのままいくと、雷門通りの先についたのでそこを右に曲がると、まっすぐな道の真ん中に、東京スカイツリーがみえてます。
2011.1.1 TOKYOST 02.JPG

東京スカイツリーは、どこか魅力にあふれ、ひっぱられるように雷門通りを進んでしまいます。
(この通りは、普段は車道なのでしょうが、お正月ということもあって、歩行者天国になっていたようです。帰ってから、気づきましたが。)
2011.1.1 TOKYOST 03.JPG
[ 写真をクリックすると拡大できます ]

と、すすんでいくと、人がだんだんと増え始め。 想像してなかったのですが、東京スカイツリー見にこられた方けっこうおられます。。。 みなさんやはりデジカメで同じように撮影されていて。 見ていると、けっこうまわりの人は、携帯電話のデジカメでスカイツリーを撮っている方が多いのに気づき。 時代ですかね。。。
2011.1.1 TOKYOST 04.JPG

ちょっと拡大♪
2011.1.1 TOKYOST 05.JPG
[ 写真をクリックすると拡大できます ]

てっぺんの様子♪ クレーンとか、見事きっちり立っていますね[あせあせ(飛び散る汗)]
2011.1.1 TOKYOST 06.JPG
[ 写真をクリックすると拡大できます ]

そんな中進んでいくと、雷門近くに。
ここは、東京スカイツリーというよりも、浅草寺に初もうでに来られた方々がおいでで、息がつまりそうなぐらいの人混み状態で、門の前に長蛇の列をつくられてました。 気持ち少しは、行ってみたい気もしましたが、今回は目指すべきものが違うこともあり、素通りできました。 たぶんあんな人混みの状態のところいっていたら、身動きできず、大変な思いをしたかもしれません。。。

雷門すぎた交差点からみると、浅草寺ほどではありませんが、それでもかなり東京スカイツリーも人気があり、いたるところで、みなさんデジカメ中。
2011.1.1 TOKYOST 07.JPG

道をわたって隅田川にかかる橋のところにひとだかりが。 デジカメスポットのところには人だかりができてます。

2011.1.1 TOKYOST 08.JPG
[ 写真をクリックすると拡大できます ]

実際にいってみいると、なるほど、いい構図で見ることができます。
2011.1.1 TOKYOST 09.JPG
近代的なビルと、川と、例のアサヒビールのビルの黄金のたいまつの火のような、う〇ちのような形のビルもあいまって、いいショットです。

2011.1.1 TOKYOST 10.JPG
[ 写真をクリックすると拡大できます ]

そんな橋をわたって、東京スカイツリーに向かいます。 その前に通りの元の側の様子。
2011.1.1 TOKYOST 11.JPG
すごい人だかりです(笑)

てくてくと歩きながら進むと、だんだんとそびえたつスカイツリーが近づいてきます。
2011.1.1 TOKYOST 12.JPG

だいぶ全体が近くに見えてきました。 あとちょっとです。。。
2011.1.1 TOKYOST 13.JPG


ほぼ真下高くのところまでくると、まだ工事中なので、囲いがあって、近くにはいけず、みなさんそのエリアを囲うようにして見物されてます。 これだけ近くなると全体が映らなくなるので、上の方に関心がいくようで。

2011.1.1 TOKYOST 14.JPG
ひゃ~あ、こんな高いところを工事してるんですね。。。 だいぶ上の方まで。できあがってますが。。。 怖[あせあせ(飛び散る汗)]

と、そのとき、ちょうど飛行機が上空真上を通過です。。。 [ 写真をクリックすると拡大できます ]
2011.1.1 TOKYOST 15.JPG

なんか得した気分です。 飛行機が見えたときは、無我夢中でしたが、撮れててよかった♪ ちょうど通り道なのかもしれませんね。 [ 写真をクリックすると拡大できます ]
2011.1.1 TOKYOST 16.JPG

東京スカイツリーの面白いとこは、見る場所によって、姿が変わる点で。。。 遠くからみる姿や、近くで見る姿、また角度が違うと表情もかわって見え、見ごたえある建物だなぁと、実感できることで。
2011.1.1 TOKYOST 17.JPG
[ 写真をクリックすると拡大できます ]

今回は昼すぎの日中の光景でしたが、これから正式に出来上がって以降、ライトアップされたりしたら、夜など、また違った魅力を楽しめるでしょうねぇ。。。 昨日かな、たまたまテレビで、東京スカイツリーのことを取り上げていた番組によれば、紫色のライトアップと、水色のライトアップの想像図が紹介されていて、実際にどんな景色になるか実に楽しみに感じました。

そこで紹介していた中で、この建造物のデザインのことを紹介していて、実に巧みに練られた電波塔で、知らなかったのですが、実際には、下が三角形で、上にいくほどに丸くなりちょうど展望台のところから丸くなるような建物なのだそうです。また丸くしたのは、その展望台に来た人たちが自分が住んでいる方向を見ることができるようにするためにしたのだとか。。。 そんな一風変わったデザインのため、あるところからスカイツリーの真横を見ると、片側はまっすぐなのに、もう片側は斜めになって見えたりするのだとか。  そもそも立地条件上、下の面積がそんなにとれなかったようで、三角形になったのだとか。 

また、京都の五重の塔などと同じように中心に心棒を入れることで地震対策をとったのだとか。。。 古代の知恵というのはすごいですね。。。 そんな古き時代の知恵と現代の最先端の建築技術が組み合わさっているのが東京スカイツリーなのだと知り。 また最先端のクレーンで強風の中、建材を下から上に見事にもってきている光景や、スカイツリーの上部で、命づなだけで、鋼材の上を普通にあるく作業の方の姿を見てしまい、見ているだけで怖くてたまりませんでした。 強風などもあったり、一歩まちがえば、まっさかさま。。。あんなとこで働れる方って、すごいです。。。 

2011年の1月1日時点の高さは、539メートルでした。 完成予定がおおよそ634メートルなのだそうなので、、あと残り約100メートルもあるのですね。。。 う~ん。。。たいへん[あせあせ(飛び散る汗)]
2011.1.1 TOKYOST 539m.JPG

いよいよ今年の年末には、完成される予定で。

東京スカイツリーを、実際に目の前でみたら、完成する以前に、すでに、東京の観光名所なんだなぁと実感。 外国の方なども、みなさん見入っていました。 ただ、ここまで魅力を感じるとは思いませんでした。

21世紀の東京の象徴的な建造物として末永く愛され続けていくような気がします。 
[ 写真をクリックすると拡大できます ]

2011.1.1 TOKYOST 18.JPG
 (写真は、すべてNikon COOLPIX S640で撮影)

ぜひ東京に観光にこられる方いらしたら、話のタネに実際に東京スカイツリーをまじかで見られることおすすめです。。。

デジカメの撮影に、予備に、SDカードあるといいかもしれません(笑) 充電を忘れずに。
かなり撮りがいがありますよ♪

● 東京スカイツリーのウィッキはこちら
● TOKYO SKY TREE - 公式サイトはこちら


2011-01-17 03:34  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ブレイク・エドワーズ監督、死去される [映 画]

今年の12月もあとのこり一日。。。 かなり寒さが厳しい東京。。。 今日は吐く息が白くなるほど。。。
世界的にもヨーロッパやアメリカなどの北部はとくに強力な寒波襲来中の2010年12月。

そんな師走に、映画監督の ブレイク・エドワーズさん死去のニュースを12月17日(金)に知ることとなり。

今は亡きピーター・セラーズさん主演のクルーゾー警部が大活躍する 『 ピンク・パンサー 』 シリーズなどを生み出された監督さんとして、心に残っていた監督さんで。。。 

各ニュースなどを見ると、ブレイク・エドワーズさんは、米カリフォルニア州サンタモニカにて肺炎による合併症のために15日に、死去されたと代理人が16日、明らかにしたとのこと。。。

88歳だったそうです。 もう88歳にもなられていたのだと知り。。。  
ちなみに、奥様は映画 『 サウンド・オブ・ミュージック 』 でおなじみの(といっても、見たことまだないのですが... )女優ジュリー・アンドリュースさん。。。  最期は、妻や子どもたちに見守られながら、息を引き取り。。。 「彼はわたしの知る中で、最もユニークな人でした。言葉にできないほど寂しいけれど、彼はわたしの心の中に生き続けます」と妻のジュリーさんが声明で語った模様。。。  幸せの中、亡くなられたのでしょうかねぇ。。。 ちなみに、転記したニュース先は忘れてしまいました。。。[あせあせ(飛び散る汗)]

ブレイク・エドワーズ監督作品を全部は見ていないのですが、見てきたものをあげてみると

 ピンクの豹 The Pink Panther (1963)
★暗闇でドッキリ A Shot in the Dark (1964)
 ピンク・パンサー2 The Return of the Pink Panther (1975)
★ピンク・パンサー3 The Pink Panther Strikes Again (1976)
 ピンク・パンサー4 Revenge of the Pink Panther (1978)
 テン 10 (1979)
 ピンク・パンサー5 クルーゾーは二度死ぬ Curse of the Pink Panther (1983) 未DVD
 スウィッチ/素敵な彼女? Switch (1991) 未DVD
 ピンク・パンサーの息子 Son of the Pink Panther (1993) 未DVD

などなど。。。 (★=特におすすめな作品)
ちなみにお二人の出会いをモチーフにした映画が、ダドリー・ムーアさんを主演にして撮った『 テン 』だそうで。 


中でもお気に入りはピンクパンサーシリーズで。 

ジャック・クルーゾー警部こと、ピーター・セラーズさんの演技が最高で、
妙な英語(フランス語なまり?)をしゃべりながら、強いのか弱いのかわからない格闘ワザと、変装グッズを身にまとい、さっそうと捜査に邁進するも、いつも、何もないところを、めちゃめちゃに壊したり、けがさせたりと、壮絶なドジぶりを発揮するのに、なぜか事件を解決させていきます。

そんなクルーゾー警部のアパートの部屋で彼の世話をしながら、果敢にクルーゾーに格闘技(?)で毎回、勝負に挑むのですが、毎回アパートの中などを二人して、壊しまくるけれど、きちんと世話もする、妙な東洋人ケイトー役の、バート・クウォークさんのはちゃめちゃぶりもあり(笑) 彼の口調もどこか可笑しくってたまりません。。

そしてクルーゾー警部の上司で、あまりのクルーゾーの間抜けぶり、世界一のドジぶりのおかげで、毎回、彼に振り回され、さんざんひどい目にあわされ、しまいには、発狂してしまい、あろうことか、警部なのに、彼を 「 キル・ユー 」 と叫びながら(笑)、追いかけまわすようになり、ついには、精神病院に入院させられ。 そして、『 ピンクパンサー3 』 では、そこから脱走し、世界中の暗殺者などを駆使して、クルーゾー暗殺に奔走するドレフュス主任警部こと、ハーバート・ロムさんのシュールというか、滑稽というか、もう見事な演技。。。(笑) たぶんドレフュス主任警部本人だったら、同じように、クルーゾーによって、気がおかしくなって、おなじようなことしていることでしょう。。。(笑)[あせあせ(飛び散る汗)]

他にも、ピンクパンサーシリーズには、毎回出ている、いかにも出世しそうにない部下のフランソワ刑事役の、アンドレ・マランヌさんなども、ちょっとしかでないのですが、実に印象の強い、そしていかにも、いそうな名脇役ぶり。

毎回、毎回、よくもここまで考えるといか、もう、とにかく不条理なシーンが連発、連続していきます。
どの人がかけても、意味がない、そんなすばらしい配役で、物語を想像される映画を、作り出してきたのが、ブレイク・エドワーズ監督でして。

毎回、実に、くだらないといえば、くだらないにつきるのですが、、愉快きまわりないストーリーを世に生み出されてきた監督さんで。 はまる人にははまるかと思いますが。。。

いまどきのバラエティ番組でするようなことは、ほとんど彼らが編み出してきたような気が。。。 しかもテレビ番組としてではなく、フィルム、映画の中で、しているというのが、何かすっごいなぁと。。。  

ピンクパンサーシリーズは、ぜひ字幕で見ることをお勧めします。。。(笑) とくにクルーゾー警部の口調が絶妙で、聞いているだけで、笑ってしまいます。

ピンクパンサーシリーズも、TSUTAYAなどでは、まだDVDで借りることができるものも少なく、(特に、シリーズ後半)、また、エレン・バーキンさん、ジミー・スミッツさん主演の映画、 『 スウィッチ/素敵な彼女? 』 も、たしか、男女がそっくり入れ替わってしまうような奇想天外なコメディ映画で、この映画も好きなのですが見ることができず、残念で。 もう何年も見てないなぁ。。。 予告編を見つけました。。。 はやく出ないかなぁ。。。

スウィッチ(字幕) [VHS]

スウィッチ(字幕) [VHS]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: VHS


2010年は、ほかにも、アメリカのテレビ番組、 『 スパイ大作戦 』 で長く主演をつとめてこられたピーター・グレイブスさんもお亡くなりになり。。。 また、声でなじみのあった、野沢那智さんも。。。

いい味だされていた方が、またひとり、ひとりといなくなっていき。。。 一時代が終わっていくんですね。。。 ちなみに、今年亡くなられた方のウイッキは、こちら。。。

今年2010年(寅年)も、もう、24時間きりました。 来年はどんな年になるのかなぁ。。。[曇り][晴れ]


ピンクの豹+暗闇でドッキリ(初回生産限定) [DVD]

ピンクの豹+暗闇でドッキリ(初回生産限定) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



ピンクパンサー2 【ベスト・ライブラリー 1500円:コメディ映画特集】 [DVD]

ピンクパンサー2 【ベスト・ライブラリー 1500円:コメディ映画特集】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD



ピンク・パンサー3+ピンク・パンサー4(初回生産限定) [DVD]

ピンク・パンサー3+ピンク・パンサー4(初回生産限定) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



ピンク・パンサーX [DVD]

ピンク・パンサーX [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



ピンク・パンサー リミテッド・フィルム・コレクション DVD-BOX

ピンク・パンサー リミテッド・フィルム・コレクション DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



2010-12-31 02:30  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

もう一度見たい番組 ウンナンの気分は上々。 [テレビ]

もう一度見たい昔の番組シリーズ。
シリーズ3回目にとりあげるのは 昔金曜の夜、東京ではTBSテレビで放送されていた ウッチャンナンチャン司会の『 ウンナンの気分は上々。 』。

今月5年ぶりに、特番で、復活するというニュースを目にし、ちょっとうれしい気分に[るんるん]

ただ、期待をしすぎると裏切られることもあるので、そんなに期待してはいませんが
面白いかなぁ。。。(笑)

昔番組でやっていた中でも、シンチャンナンチャンシリーズはかなり強烈で今でも見てみたい内容で。 悪魔よばわりされていた(笑)柳沢慎吾さんと南原清隆さんが二人旅するのですが、柳沢慎吾さんがそばにいたら、うるさいでしょうね。。。(笑) ウ~~ウ~~とかいって。。。(笑) 真夜中に、ナンチャンの寝顔を真顔でまじかに見つめてたり。。。 かなり恐怖なショットが記憶が残っています。。。 映画八つ墓村の曲がまた抜群にあってたような。。 北海道行ったときかなぁ。。。車中、にさされたシーンも可笑しかったですが。。。。

今月2010/12/22 に 『 ウンナンの気分は上々。』が、DVD化され、それもあって、特番するのでしょうかね。。。 シンチャンナンチャンも収録されるようで どうせらシリーズ化して、全話DVDにならないのかなぁ。。。 で、どうせなら、深夜にでも、復活しないかなぁ。。。

深夜なら視聴率関係なさそうだし、テレビ朝日の流浪の番組 『 タモリ倶楽部 』 のように、長寿番組として続けたら、いい味だしそうですが。。。

▼  『 あの伝説の番組が復活 ウンナンの気分は上々。10万円の旅スペシャル 』 は、
2010年12月21日(火)、夜21:00からの2時間ちょいの放送予定♪


ウンナンの気分は上々。Vol.1 尾道二人旅&初期の傑作選 [DVD]

ウンナンの気分は上々。Vol.1 尾道二人旅&初期の傑作選 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD












2010-12-15 20:19  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

前の13件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。